2015年10月07日

2015 バリ島旅行 3

DSC_0193.JPG

ホテルで朝食後 近所を ちょっとブラブラしました。

DSC_0194.JPG

瓶の中身は ガソリンです。
大丈夫なんですかね?

IMG_0506.JPG

道端にも おそなえが。

IMG_0508.JPG

DSC_0197.JPG

このホテル この道の右側が ヴィラで この奥がホテル棟になっていて
繁華街でしたが 静かに過ごせましたよ。
バギーサービスもあったのですが
歩いても気にならない距離でした。

そして ウブドへ移動!
カキアンバンガロー
スイートの 「SORA」

IMG_0515.JPG
1F リビング

IMG_0521.JPG

キッチン 大型冷蔵庫付き

IMG_0522.JPG

広々 Wシンク

IMG_0523.JPG

バスタブ ハンドシャワー 
そして 嬉しい 椅子付き お風呂!
あと 洗面器があると なお良し!

IMG_0524.JPG

セパレート トイレ。
あと トイレットペーパーホルダーが TOTOだったのが〇
ほかのホテルのホルダーは ひっかけるだけで
ふたが なくて 取りにくい場所についてたりして
とても 不便でした。
ふたが ないと 紙が切りにくいんですよね〜。

IMG_0516.JPG

2F ベッドルーム

IMG_0518.JPG

からの 2F リビング

こちらにいることはなかったので もう1つ ベッド運んでもらったら良かった。

そして ホテルの車で 向かったところが こちら。

IMG_0527.JPG

サヤンハウス http://www.thesayanhouse.com/

ホテルの方も 知らなかったみたいで さがしてもらいました。

こちら 私チョイス


DSC_0203.JPG

DSC_0204.JPG

DSC_0205.JPG

DSC_0206.JPG

こちら 友人

IMG_0529.JPG

IMG_0530.JPG

IMG_0531.JPG

これに コーヒー 紅茶付きで2000円くらいですわよ!
奥様!!

DSC_0208.JPG

ほんで この ロケーションリゾート

近くに 行かれたら 是非かわいい

この後 sisiバッグの ガーデンへ寄ってもらったのですが
入るなり 関西弁が

http://www.ytv.co.jp/chikyubin/oa/article20150614.html

いきなりテレビで見た この方が!

その後 買い物をしていたら 再度 お会いできて
テレビ通り 気さくで 素敵な方でしたるんるん

そして この後 姉妹店の nanan へ行く予定だと告げると
なんと バイクで送っていただけるとの事。

そんな お茶までよばれて、送っていただくなんて
あつかましい事...

有難く 送っていただきましたモバQ

ガーデンはウブド中心から 少し南にあって
http://sisibag.com/garden/garden.html
中心部だと そこらに 「Tax?」と聞いてくるおじさんがいるのに
こちらでは ほとんどいなくて どないしよかと思っていたのです。
 
nanan ゴータマ通りまでの バイクの道のりは
名物の渋滞を通り抜け 風を切って走り抜ける気持ちの良さは
プライスレスダッシュ(走り出すさま)って ほんとに プライスレスでしたけど。
本当に ありがとうございましたexclamation

DSC_0210.JPG

ハノマン通りからゴータマ通りを 北上すると 最初はこんな感じの
ゆるい風景。
さらに デウィシタ通りを北上すると 狭い通りの両側に レストランやショップが
ひしめき合っていましたよ。

ホテルに帰るべく ハノマン通りを下って行くと 
帰り道に アタバッグのASITABAが。
こちらで お土産を買ったのですが ちょっと邪魔になったんで
nananのショッピングバッグを店の隅に置いたんですね。
ほんで 新たに買い物して...

はい! nananの買い物 忘れましたよがく〜(落胆した顔)

それに気づくのは 次の日でしたたらーっ(汗)

DSC_0213.JPG

一旦 ホテルに戻って 荷物を置いて
なんか つまみだけでいいやって行ったのが
日本食レストランの 「漁師」

DSC_0220.JPG

DSC_0221.JPG

なんで バリ島で 和食?って
なんか 落ち着くんですよね。
やっぱり。

DSC_0224.JPG

こげに 可愛い子もいたし黒ハート

DSC_0225.JPG

バッグ枕にして 寝てまうしハートたち(複数ハート)

DSC_0241.JPG

そんな感じで 夜が更けていったのでございます。

明日はカーチャーターで ぐるぐる周ります!
posted by ともこ at 20:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: