2010年08月14日

バルセロナ3

DSCF0138_R.JPG


 まだまだ 続きます!


 といいながら、もうこの旅行から1ヶ月たってしまいましたふらふら

 余韻にひたりながらの 3日目。

 サンツ駅から カタルーニャ・エキスプレスで約2時間 フランス国境近くのフィゲラスに向かいます。新幹線

DSCF0139_R.JPG

 日曜日なので 大半の店はクローズ。

 静か〜な町並みを ダリ美術館へ。


DSCF0148_R.JPG


 メイ・ウエストの部屋。

 天井にバスタブexclamation&question

 

DSCF0150_R.JPG

 梯子を上って 魚眼レンズをのぞくと 人の顔に見える仕掛けです。


 唇はソファー、鼻は暖炉と、





 まったく落ち着かなさげです。


DSCF0161_R.JPG

 ダリ美術館外観。

 人をビックリさせるのが好きな方の様で、作品だけ見てもおもしろい人だったんだなぁと思いました。

 


 

CIMG1717_R.JPG

 宝飾デザインもぴかぴか(新しい)

 金の中身の赤いのが 心臓みたいに動きます。

 
 と、淡々レポートですが、見ごたえはじゅうぶんなのです。

 美術館に行く町並みも 日曜日ということもあってか、誰もいあない映画のセットさながら、

 そんな道をてくてく歩くと屋根に卵が乗った建物が現れて、中に入った時のワンダーランドさはたまりません! でした。

 

IMG_0324_R.JPG


 帰り道。
 
 のどかな風景が続きます。

 冷房がよく効く車内。


 さ、寒い台風

 車内案内は 表示されるのですが、冷房に耐えられず、次やろexclamation&question

 と同行者3人が おりた駅の様子が違いますモバQ

 が...



IMG_0326_R.JPG

おりた駅の階段を上がると、目の前に「カサ・バトリョ」グッド(上向き矢印)
 実は 時間的にサンツ駅に戻ってからだと館内見学は無理だろうと思っていたので、

 こいつはミラクルひらめきと 邸内へ。

IMG_0333_R.JPG

 ガラス片やタイルの規則性を排除、どこまでも曲線の装飾や 扉、家具は包み込まれている様な居心地です。

 



IMG_0343_R.JPG

 下層のタイルは色薄く。

IMG_0344_R.JPG

 上層は色濃くと、海底をイメージした階段は採光も配慮したデザインらしく...。


IMG_0353_R.JPG

 最上階の塔には おとぎの国かわいい

 虹も出ていて、

 私が渡辺篤史さんであったら両手で「やりましたねダッシュ(走り出すさま)」とバトリョさんと ガウディさんに握手を求めるところでした。


DSCF0181_R.JPG

 そんな 興奮冷めやらぬ次の日は...。

IMG_0366_R.JPG

 15時のフライトだったので、朝からサン・ジュセップ市場へ。

 


IMG_0367_R.JPG

 フレッシュジュースをいただきながら、お土産など買いつつ、

IMG_0370_R.JPG


 友達のスーツケースは出てこないまま、後ろ髪をひかれつつ、バルセロナを後にしました。

 ロストバゲージの顛末は 別口でご報告させていただくとして...。

 

  

  1992年、京都会館でガウディの記録映画を観た時から、 サグラダ・ファミリアを観ることは夢だったので、一つかないました。
 ただ、完成したものをみる事も 目標になりましたので、この夢は続きます。

 バルセロナから帰ってきて、ブログを見調べして、行ったことのなかったスペインがより身近に感じられるようになりました。
 

 ただ、1ヶ月たった今、手当たり次第に色々な旅行記を読むにつれ行きたい方角が広がって参りましたあせあせ(飛び散る汗)

 そうです。

 調子に乗ってしまっていました。


 

 6日間という店長不在の間も 頑張ってくれていたスタッフの愛や、見守っていてくださったお客様の愛があってこそ!!!!


 です。



 本当にありがとうございましたm(__)m


 

 
 .....また、宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)


 一応、「楽しかった 夏休みレポート」は終わりますわーい(嬉しい顔)


 
 この企画はまた 来年まで!?



 

 これまで変則更新旅行記にお付き合いありがとうございましたm(__)m

 旅行記以外の 更新はまた 不定期に続きますので末永いお付き合いのほど これまた宜しくおねがいいたしますm(__)m



posted by ともこ at 00:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: